FC2ブログ

あなたへ

カルドセプトのはなし。
どんなコミュニティにおいても、その中で他の人と時間を共有する中で、様々な悩みが生まれることと思います。
それが各々の楽しさや面白さを得るためのものであるなら、なおさらでしょう。

悩みとはたとえば、こんな風に楽しみたい、一緒に上手くなろうとする仲間がほしい、あの人と対戦や議論をしたい、といったことであったり、また、こんな悲しいことを言われた、あの人はいかがなものか、といったことであったり。

「結婚とは運命の衝突である」とは私の知人の言葉ですが、人と人が交わって生きていくなかでは、様々な摩擦や軋轢が生じます。そのこと自体を回避する術は、あるいはないのかもしれない。摩擦の生じないコミュニケーションに、何らかの価値を見出せるならば別ですが。

摩擦が生じたそのあとで、私たちは多くのことを知ることができます。相手が何をどのように感じ、考えていたのか。自分はどうすることができたのか。そして、これから自分はどうすることができるのか。

関わることをやめる、というのもひとつの選択肢です。あるいは嫌いな誰かを排除する道を選ぶということも。
あなた自身がそれらを積極的に選ばなかったとしても、なるようになる、という可能性も勿論あります。

現在の私自身に限って言えば、カルドセプトのオープンなコミュニティがたとえば解体されたとしても、さほど不利益は被りません。自分自身が信頼し、また尊敬している多くのプレイヤーとコミュニケーションをとることは全く苦にならないからです。

さほど、と書きましたように、不利益が生じることもまた事実です。たとえば、ああ、この人と対戦したいな、もっと話をしたいな、と思える相手と出会う機会を大きく逸することがその一つです。また、自分には苦にならない部分が、他の誰かにとってもそうである、とはいえません。

何よりも、私は「カルドセプトが好き」である、ただそれだけを共有して集まっている、この集団が好きなのです。
長々と戯れごとをしゃべりあったり、ときに深夜や早朝にもふらっと集まって遊んだりしている、この人々が。
彼ら、彼女らとこうして出会うことも、カルコロ等のコミュニティサイトの存在がなければきっとできなかったでしょう。
(イノセンスさんありがとうございます!)

ですから、その中で一緒に遊んでいて、いとおしく思っているあなたが、なにか悲しいことに巻き込まれているのならば、それは私にとっても悲しい出来事に他なりません。

率直に申し上げるなら、私はいつも悲しく思っています。
悩んでいる人の、悩んでいることが、何か解消されうるのならば、私のできる範囲で力添えをしたい、と思っています。

「できる範囲で」と書きました。これは単純に、私の時間・体力・気力の制約からくるものです。
ただし、ただの娯楽なのだから無理する必要ないでしょ、とは考えません。たしかに私たちは「いつでも止められるただの娯楽」のために集まっているかもしれませんが、人と関わり合って何かをなしていることは否定すべくもありません。
優先順位という言葉が、私は大嫌いです。

先日ひとつのメールアドレスを作りました。

cldcpt.murasaki@gmail.com

です。基本的に全日読むことが可能で、返信は翌日までにはさしあげます。
私は、あなたの話をもっと聞きたいと思っています。できれば、他の誰かが覗き見ることのできない場所で。

ひとつだけお願いがあります。できれば、あなたの名前を添えて話しかけてください。
私はあなたの同意なしに、あなたの話を決して他言いたしません。

ご連絡お待ちしています。

むらさき
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

murasakiiro88

Author:murasakiiro88
むらさきです。カルドセプトやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ